リフォームに関する豆知識 Part 1 - 山形県内のリフォーム助成金 –

こんにちは! リノベースの阿久澤です。 いよいよスタートしました「不動産・建築豆知識」コーナー! 記念すべき第一回は、「山形県版:リフォームに使える助成金」について紹介します。

4db0a941f3f0fa91544828db5f88e693_m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リフォーム助成金とは?

リフォーム助成金とは、その名の通り、住居や店舗など建築物のリフォームを行う際に行政から工事費用の一部を給付してくれる制度のことです。 ただ、一口に言っても、市町村ごとに様々な種類の助成金があり、募集期間や助成率や条件が異なります。 今回は、山形県・山形市・天童市の3つの行政機関に絞って、紹介したいと思います。

yamagata

 

 

山形県  :  住宅リフォーム総合支援事業

主に3つのプランがあり、それぞれ条件と助成金額が異なりますので、下記に一覧表を示します。

一般タイプ 空家活用タイプ 県産材3㎥使用タイプ

下記いずれかの内容を含む工事であることが条件

  • 部分補強
  • バリアフリー化
  • 省エネ化
  • 県産材使用
  • 克雪化
県産材を3㎥以上使うことが条件
補助率20%
(上限30万円)
補助率20%
(上限40万円)

参考リンク:  県公式HP内PDF

80px-symbol_of_yamagata_yamagata-svg

山形市 : 山形市住宅リフォーム総合支援事業 / 山形市木造住宅耐震改修補助事業

次に、山形市の助成金です。リフォーム工事に関しては、2種類あります。

まず、県の住宅リフォーム総合支援事業と同様の市単独バージョンの助成金です。

これは、前年度所得が400万円以下の世帯に限り利用可能で、工事費用の50%(上限20万円)の給付を受けることができます。

山形市木造住宅耐震改修補助事業は、耐震工事を行うと、工事費用の1/3(上限60万円)の給付を受けることができます。 残念ながら28年度分は募集終了してしまいました・・・OTL

参考リンク: 山形市公式HP

1-8-02

天童市 : 天童市住宅リフォーム総合支援事業 / 山形市木造住宅耐震改修補助事業

住宅リフォーム総合支援事業は、山形市・山形県とほぼ同様の条件ですが、天童市には独自の珍しい助成金があります。 「生け垣の補助制度」です。

生垣を作るのにすら助成金が出るんです!太っ腹ですね♨

この助成金の給付金額は、樹木購入費の50%(上限5万円)ですが、思いの外条件が厳しいのでご注意ください。

◆ 生垣の条件

  1. 市民が新たに設置する生け垣であること
  2. 道路・公共施設などに面する部分を含み、その延長が3メートル以上であること
  3. 樹木は列状に並び、外部から見える高さが1メートル程度で、植栽本数は1メートル当たり2本以上であること
  4. 樹種は市の気候風土に適していて、他に害を及ぼすおそれのないもの
  5. 住宅、事務所などの敷地(駐車場を含む)内に設置するものであること

条件4が特に難しそうですね(汗

天童市の降水量や気温から、生育に最適な樹種を選ぶとか、もはや林学専攻の学生か林業職しか分からない気がします(笑

ちなみに天童市には、これらの助成金以外にも豊富に助成プランがありますので、もしリフォームをご検討中の方がいらっしゃいましたら、是非弊社までご相談下さい!

参考リンク : タテッカーナ

 

さて、如何でしたでしょうか。山形にも色々な助成金があることが分かりましたね!

皆さんも是非ご活用下さい! 勿論、弊社にご相談いただければ、最適な助成金をご提案いたします!

次回は、「リフォームにかかる税金と税制優遇」についてご紹介します♨

ではまた次回お会いしましょう~♪

 

◆◆不動産、リフォームのことならリノベースにお任せください!◆◆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA